イケメンシェフ達の貢献もあり、今やイタリアンは、旬ともいえる食のジャンルですね。

洋食やフレンチは、老舗の「レトロ」なイメージですが、イタリアンは、おしゃれで、今風な印象があります。

私もイタリアンは大好きで、お店がNEW OPENしたと聞けば、友人とまずランチで偵察!

昔はパスタはオイルベースばかりでしたが、クリームソースのおいしいお店で、その絶品ぶりに感銘してからは、パスタはクリーム系を注文しています。

素人ながら、お店によって、クリームが(しゃびしゃび)か(こってり)、ソースも濃厚、さっぱりと、ひとえにクリームソースと言ってもお店の「味」って違うなぁとつくづく痛感するのです。

麺のアルデンテ具合や、脇役の自家製「フォカッチャ」の甘さや食感もお店のカラーがあり、どこへ行っても新たな発見があるものです。

お店で、ボローニャ風ミートソースのパスタを食べている人を見かけると、スーパーで売られている缶のミートソースと違うのかな~といつも気になります。

家で食べるパスタの定番は、あの缶のミートソース。

なので、わざわざ外でこれを食べる気にならないのですが、「やっぱり違う!」と実感できるなら、是非食べたいと思うのですが、なかなか冒険できない私。。。

さて、ランチでお店に合格点がでれば、次はディナーへ行きます。

そのときはピザを注文するのです。それは必ず「マルゲリータ」

シンプルながら、生地の香ばしさとモチモチ感、チーズの種類、ソースの絶妙な絡み具合で、マルゲリータが美味しいお店は、他のメニューもハズレなし!これ私の持論です。

歌舞伎町 ホストならここ